Blog

ブログ

大島の独り言 森友学園問題

2020/03/23

コロナ騒動で大きなニュースにならなかったのが森友問題の犠牲者、財務省職員赤木さんの遺書の公開。

赤木さん自殺のニュースが流れたとき僕は真っ先にロッキード事件を思い出した。
あれは総理自身の汚職として歴史に残る大事件だった。

森友学園問題は教科書に残るような事件にはならないだろうと思っていた。
自殺者が出た時点でどうして遺書の発表しないのだろうと思った。

そしたら奥さんが3周忌が済んだら公表すると初めから決めていたそうだ。

僕なりに想像たくましくストーリーを追ってみると以下のようになる。
幼稚園だけでは利益も少なく面白くないKさんは私立小学校を作って儲けようと考えた。
資金は乏しいが、何とか持ち前の弁舌と押しの強さを武器に生かせる作戦を考えた。

時の総理を担ぎ上げることで役人たちをおののかせて巧みに利用しようとした。
総理は忙しいから奥さんにアプローチを掛けて積極的に猛烈に取り込んでいった。

裁判で明らかになったように露骨で常識破りの値引き要請攻撃、常識破りな値引き要請

というよりも乱暴極まりない値引き圧力は「安倍総理の陰」という大きな存在があったから成立した他ならない。
安倍首相の「もし私と妻が関連したのであれば総理も議員もやめる」的発言が忖度を生んだと読める。

要するに強欲なK夫妻が身の丈知らずの事業計画を立てたときに悲劇の種が地面に落ちた。

のちに犠牲者を生んでしまったと言える。

なぜならばK夫妻に必要資金があればこの悲劇は生まれなかったに違いない。
というより教育者とは言えないお二人だからそれほどの資金があれば小学校を設立しようとも思わなかったはずだ。

テーマ

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

recruit

大信工業では、一緒につくり上げていく仲間を募集中です。
ここには、全力で挑戦できる環境があります。