Blog

ブログ

大島の独り言 PCR検査

2020/05/10

コロナ出口戦略として3つの指標を大阪知事が発表した。
ドイツも何らかの数字を発表した。
ドイツの発表の数字の中で10万人当たり50人の感染者が出たら制限を再発令するとあった。これは0.05%という比率である。
政府もマスコミも人数だけの発表で人口比率を併記しないのはなぜだろう。ちなみに我が岡崎市は0.002%を4/11から維持している。4/11に9人目の感染者が出て以来5/9まではこれをキープしている。はっきり言ってそれでも巣籠を続けなくてはならない理由が分からない。と言うよりわかりたくないのかも知れない。
発症していないだけで保菌者であるかも知れない。自分も他人も。たぶんこれが最大の理由ではないか。例えばPCR検査がもっと気楽に受けられる状況であればすごく安心度が上がる。検査結果陰性の友達同士がバーべキュウをしても何ら怖くはない。首相は検査を増やす発言を都度してきたが全然増えていないようだ。なぜか?今朝のテレビ放送で誰かが「平時の法律(規則)ではそう簡単に体制を作れない・・・」的発言をした。僕は全くその通りだと思う。日本の政治は政治家ではなく官僚が動かしている、法治国家である日本は(どの国でも)何をするにも順法でなくてはならない。法律で解釈できないことは【前例】が物を言う。【前例】無き事には絶対YESを出さない日本の官僚主義!!これが今回のPCR検査数が増えない元凶になっていると思う。官僚の皆さん!!もっと頭を柔らかくして対処しましょう。お願いします。

テーマ

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

recruit

大信工業では、一緒につくり上げていく仲間を募集中です。
ここには、全力で挑戦できる環境があります。