Blog

ブログ

大島の独り言 水平線の向こう側

2022/06/02

子供のころ自分から見えている水平線というのはずいぶん遠くに感じていた。
海水浴とかに行くと水平線をみてやはり地球は丸いよね、なんて言ったりして水平線の向こう側に何となく憧れを感じた。

そういえば伊良湖岬の海岸では「ここは太平洋だ、この海の向こう側にはアメリカがある」なんて叫んだりもした。

ひょっとしたら太平洋の真ん中まで見ていた気分だったかもしれない。

 

ところが視点を海抜150センチで計算すると4.37キロメートルだそうだ。
見える水平線までの距離が だ。
たったの4.4キロしかない。泳いでいける距離だ。

〈水平線の向こう〉には何となく夢みたいな憧れみたいなイメージをもっていたのに、である。

4.4キロの向こうにはアメリカはない。
つまらないことを知ってしまった。

だからこの計算式はフェイクとしておこう。

2022年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

recruit

大信工業では、一緒につくり上げていく仲間を募集中です。
ここには、全力で挑戦できる環境があります。